主婦が個人事業主になってみたメリットとデメリット | アドライフ01

主婦が個人事業主になってみたメリットとデメリット

税金 手続き足りない頭で考えてること

もうすぐ、わたしが個人事業主になってから3年がたとうとしています。

 

そのころのわたしの月の収入はまだ10万円程度だったので

普通にバイトしてるのと変わらない収入だったんですよね。

 

でも、その時はパートもやめて家でこの仕事をやっていたものの

それを証明するものがないので

 

adlife

「仕事は専業主婦です」

というしかない状況に違和感を感じていました。

 

そんな時、保育園での現状届(今の就労状況を報告する)

を出さなくてはいけない状況になり、

慌てて開業届を出しに行って個人事業主になりました。

 

今日は、そんな成り行きで個人事業主になったわたしが

実際に開業してみて感じた個人事業主のメリットとデメリットをご紹介します。

  1. 主婦が個人事業主になったデメリット
    1. とにかく確定申告がめっちゃめんどくさい
    2. 確定申告の勉強が必要
    3. 複式簿記が難しい(控除額は下がるけど簡易簿記でも可)
    4. 確定申告のソフトを使うならその費用が発生
    5. 毎日帳簿をつけなくてはいけない(わたしはぎりぎりにまとめてやるタイプ)
    6. 税理士さんを雇うならその費用も発生
    7. 生活用の口座と事業用の口座を分けないといけない
    8. 社会的な信用があまり感じられない
    9. 失業保険などの保証がない
    10. 適当にダサい屋号をつけちゃって後悔してる(←直せます)
    11. なんの仕事をしてるの?と言われてはっきり答えられない
    12. 時間に自由がきくからいつも暇だと思われてる
    13. 収入が多くなると旦那の扶養から外れることになり負担が増える
    14. 収入が多くなると税金を払わなきゃいけなくなる
    15. 自分がやらないと誰も代わりにやってくれない
  2. 主婦が個人事業主になったメリット
    1. 開業手続きは紙切れ1枚出すだけなので簡単
    2. 自分で保育園の現状届が出せるなど書類関係が楽
    3. 借金の督促電話が職場にかかってくる心配がない
    4. 電気代やドメイン・サーバー代などを経費にできる
    5. 65万円の控除がうけられる(簡易簿記なら10万円)
    6. 収入と支出を把握できるようになり仕事に気合が入る
    7. 収入が低いうちは変わらず旦那の扶養に入れる
    8. 上司がいないので怒られる必要がない
    9. 自分のペースで仕事ができる
    10. 保育園の行事でお休みが欲しい時も自分の匙加減
  3. 主婦が個人事業主になってみたメリットとデメリットまとめ

主婦が個人事業主になったデメリット

まずは…嫌なことから消化していきましょう!w

 

個人事業主になったことで感じたデメリットについて。

  • とにかく確定申告がめっちゃめんどくさい
  • 確定申告の勉強が必要
  • 複式簿記が難しい(控除額は下がるけど簡易簿記でも可)
  • 確定申告のソフトを使うならその費用が発生
  • 毎日帳簿をつけなくてはいけない(わたしはぎりぎりにまとめてやるタイプ)
  • 税理士さんを雇うならその費用も発生
  • 生活用の口座と事業用の口座を分けないといけない
  • 社会的な信用があまり感じられない
  • 失業保険などの保証がない
  • 適当にダサい屋号をつけちゃって後悔してる(←直せます)
  • なんの仕事をしてるの?と言われてはっきり答えられない
  • 時間に自由がきくからいつも暇だと思われてる
  • 収入が多くなると旦那の扶養から外れることになり負担が増える
  • 収入が多くなると税金を払わなきゃいけなくなる
  • 自分がやらないと誰も代わりにやってくれない

とにかく確定申告がめっちゃめんどくさい

adlife

まず、1番が確定申告をしなくちゃいけないことがなによりのデメリットだとわたしは思います。これが本当にめんどくさい。本当に嫌…w

 

この後のデメリットについても確定申告関連がかなり多いですがご了承ください。

確定申告の勉強が必要

でね、今まで確定申告をしたことがないって人も多いと思うんだけど

(パート先で自動的に源泉徴収してくれてるとか)

確定申告が初めてだと、わからないことだらけだと思います。

 

わたしは一応商業高校に入学して資格があったけど(中退したけど)

それでもやっぱり「???」って感じでかなり苦労しました。

 

っていうか無理でしたw

なので、開業届を出してからはやよいの青色申告オンラインというソフトを使ってなんとかかんとか確定申告している…という感じです。

複式簿記が難しい(控除額は下がるけど簡易簿記でも可)

簿記には、複式簿記と簡易簿記っていうのがあるんだけど

難しい方が複式簿記で、簡単な方が簡易簿記なんです。

 

んで、難しい方の複式簿記で確定申告をすると

なんと65万円の控除がうけられるんですよ!!

 

ちなみに簡易簿記だと10万円。

 

なので、是非とも複式簿記で確定申告をしたいものですが

これがめちゃくちゃ面倒で…確定申告が面倒なのは

この「難しい複式簿記」で確定申告するからという理由に他なりません。

 

が、わたしのように簿記が苦手な人でも

さっきも紹介したやよいの青色申告オンラインというソフトでなんとかなりますw

 

これ、無料体験版があるので今から早速ダウンロードして使ってみてください。

初年度は0円で使えるのでこれを利用しない手はありません。

 

「え…これ来年から自分で全部紙に書くなんて無理なんだけど…」

 

というのがわかりますw

(エクセルできる人はエクセルでもいいだろうけど、管理が大変)

確定申告のソフトを使うならその費用が発生

ただ、便利なソフトもただじゃ~使えないんですよね。

 

わたしが使っているやよいの青色申告オンライン

次の更新で13,200円(税込み)払うことになってます。

 

初年度はこの13,200円が無料で使えるのですっごいお得なんですよね。

わたしも開業して初めての年はこの無料の期間を使って確定申告しました。

 

adlife

税理士さんを雇うよりも全然安いです。入力面倒だけどw

毎日帳簿をつけなくてはいけない(わたしはぎりぎりにまとめてやるタイプ)

んで、毎日の支出を帳簿につけないといけなくなります。

…ふつうは。

 

私の場合は、レシートとかをとにかくぜーんぶため込んで、

1月くらいにレシートを種類別に分けて…

2月くらいにレシートを整理しながら貼っていって…

3月に全てまとめてダーッと打ち込んでいますw

 

毎日コツコツやっておけば大変じゃないんだけどね…。

税理士さんを雇うならその費用も発生

所得が500万円未満なら5万円くらいで税理士さんを雇えます。

ただ、記帳代行もお願いするとなると10万円くらいからになります。

この辺はピンキリなので、近くの税務署に相談してみましょう。

 

私の場合は、開業した初めての年に

無料で確定申告書のチェックをしてくれるというサービスがあり

そちらを利用してチェックしてもらいました。

 

初めての確定申告が不安な場合は、近くの税務署に相談すると、

そういう記帳に関するセミナーなどを紹介してくれるかもしれません。

生活用の口座と事業用の口座を分けないといけない

また、銀行口座を生活用と事業用に分けないといけなくなります。

厳密にいうと分けなくても確定申告はできるんですが

書き方がめっちゃめんどくさいうえに、プライベートなお金の出し入れも

全部チェックされてしまうことになります。

 

なので、生活用の口座と事業用の口座に分けておくと

事業用の口座のみで確定申告すればいいので楽です。

 

わたしはオンライン振り込みもできるジャパンネット銀行にしました!

社会的な信用があまり感じられない

会社に勤めているのと違い、社会的な信用がないということもあります。

なのでお金を借りたりするのがすごく難しいのかも…。

 

adlife

私の場合はもう借りられない状況で個人事業主になったのでわかりませんが借入をしたい場合は、どこかに勤めている間に借りた方がいいかもですw

失業保険などの保証がない

個人事業主は、ケガや病気で働けなくなった場合でも、

雇用保険をかけることができないので失業保険はおりません。

もしもの時のために半年分くらいのたくわえがあると安心です。

(我が家はなんの蓄えもありませんが)

適当にダサい屋号をつけちゃって後悔してる(←直せます)

わたしが個人事業主になったのは、

娘の保育園の現状届を出すためだったので急いでたんですよね。

 

んで、屋号を適当につけて出しちゃったんですが

なかなか替える機会がなくて今もそのままになっていますw

 

まあ、確定申告をするときに

屋号を変えて出してやればそれに変更されるらしいんですが

なんかもう逆に愛着わいてきちゃいますよねw

なんの仕事をしてるの?と言われてはっきり答えられない

これは私だけかもしれませんが…

会社に勤めているなら「〇〇にいるよ~」ですむんですが

一人でやることになると

 

「どんな仕事をしているのか」

 

という説明が必要になる場面がかなり多いです。

 

なので、自分がどんな仕事をしているのかというのを

すぐに答えられるようにしておかないと結構あやしまれます。

(わたしは今だにしどろもどろになっちゃいます)

時間に自由がきくからいつも暇だと思われてる

個人事業主になった翌年、保育園の役員に推薦されました。

きっと、いつも行事に参加していたしお迎えも早かったので

「暇な人」だと思われていたんでしょうね。

 

その分深夜~朝方に仕事をしていることだって多いのに…。

 

adlife

しかし、ちょうどそのころ旦那が仕事をやめたのでわたしは役員をやることなく旦那に押し付けてしまいました^^w

収入が多くなると旦那の扶養から外れることになり負担が増える

一番ダメージが大きかったのはコレ。

 

旦那の扶養から外れることになると

 

  • 健康保険は国民健康保険をじぶんでかけなきゃいけない
  • 国民年金を自分でかけなきゃいけない

 

ってなことになり、家計的に大ピンチとなります。

今まで旦那が払ってくれていて、しかも会社が半分払っていたものを

自分が全額払わなきゃいけなくなるんだから辛いですよね…。

収入が多くなると税金を払わなきゃいけなくなる

で、旦那の扶養から抜ける=税金を払わなきゃいけない収入ですよね。

所得税とか、結構いたいです。住民税とかかなり痛いです。

 

「あれ…去年より稼いでるのに去年の方が生活楽だったかも…」

 

なんて思っちゃいます。

でもふるさと納税とかするのはちょっと楽しいよ(^^♪w

自分がやらないと誰も代わりにやってくれない

気分が乗らない日、忙しい日、具合が悪い日…

仕事をするのもさぼるのも自分が決めることになります。

 

ずーっとさぼってるとわたしのようになってしまうかもだし

個人事業主は自分で自分を雇用できる人じゃないと

うまくいかないのかもしれませんね。

主婦が個人事業主になったメリット

ということで、デメリットばかりをずらっとお話してきましたが

個人事業主になったことで感じたメリットについてもお話しますね。

 

  • 開業手続きは紙切れ1枚出すだけなので簡単
  • 自分で保育園の現状届が出せるなど書類関係が楽
  • 借金の督促電話が職場にかかってくる心配がない
  • 電気代やドメイン・サーバー代などを経費にできる
  • 65万円の控除がうけられる(簡易簿記なら10万円)
  • 収入と支出を把握できるようになり仕事に気合が入る
  • 収入が低いうちは変わらず旦那の扶養に入れる
  • 上司がいないので怒られる必要がない
  • 自分のペースで仕事ができる
  • 保育園の行事でお休みが欲しい時も自分の匙加減

開業手続きは紙切れ1枚出すだけなので簡単

まず、法人を設立するのと違って

個人事業主になるための手続きはめちゃくちゃ簡単です。

 

国税庁のホームページから届け出をDLして提出するだけ。

お金もかからないし時間もかかりません。

 

「個人事業主」っていうとなんかすごい感じもしますが

ようは「今こんなことやってるから知っててね」って伝えるだけなので

こんな紙切れ1枚で手続きが完了してしまうのです…^^w

自分で保育園の現状届が出せるなど書類関係が楽

そして無事に開業届をだして個人事業主になると、

保育園でもらってきた職場に関する書類などを

全て自分で書くことができます。

 

わたしが以前スーパーのバイトで働いていた時は

お願いしてから2週間くらいはかかってましたから

いつも提出期限ギリギリになってしまっていました。

 

あれってなんとかならないんですかね~…^^;

 

adlife

でも、個人事業主になればそんな心配はなくなるので

その点は本当にメリットだな~って思います。

借金の督促電話が職場にかかってくる心配がない

これは共感してくれる人は少ないかもですが

借金の返済が滞ると、職場に電話がくる可能性があるんですよね^^;

 

でも、個人事業主ならそんな心配もなし!

 

全て自分で対応しなくてはいけないというのはありますが

職場の誰かに迷惑をかける心配がなくなるので安心します。

電気代やドメイン・サーバー代などを経費にできる

あとは、普段使っているものでも経費にできるものがあるというところ。

例えば、パソコンを使っている分の電気代だったりネット代だったり

ブログのドメイン代、サーバー代、ウイルス対策ソフト…

 

その他でも、記事ネタ用に買ったものとか

記事にした飲食店の食事代、旅行代なども2割ぐらいなら経費にできます。

(なので、なんか贅沢したら記事にしておくといい)

 

adlife

経費を計上して所得が減ると、払う税金が減るので助かります~!

65万円の控除がうけられる(簡易簿記なら10万円)

また、開業届をだして複式簿記で青色申告すると

65万円の控除がうけられます!(→つまり税金が安くなる)

 

簡単な簡易簿記でも青色申告できますが、

その場合は10万円の控除となります。

収入と支出を把握できるようになり仕事に気合が入る

超絶めんどくさい確定申告ですが、自分で帳簿をつけることで

 

「最近売り上げが上がってる!」とか

「経費ちょっと使いすぎだな」とか

 

今の状況を把握することができるので、

仕事を仕事としてもっと真剣に考えることができます。

収入が低いうちは変わらず旦那の扶養に入れる

また、個人事業主になったとしても、

収入が低いうちは変わらず旦那の扶養に入ることができます。

 

つまり、収入が低ければ個人事業主になったとしても

旦那が健康保険をかけてくれて厚生年金もかけてくれて…

というように、今までと何も変わらず暮らせます。

上司がいないので怒られる必要がない

どこの職場にも嫌な上司っていますよね。

でも、個人事業主で一人ならその心配はありません。

 

ただし、全部自分でやらないといけないので取引先が嫌な人だったり

税務署や役所、銀行の人が嫌だったり…ということはふえますw

自分のペースで仕事ができる

子供が夏休みの間は自分も仕事をセーブして、

子供が保育園に行っている間にがーっと仕事してしまう…

というように、自分で自分のシフトを決めることができます。

保育園の行事でお休みが欲しい時も自分の匙加減

子供の運動会や遠足、発表会など

大事な行事の時でも個人事業主なら全部参加できます♪

 

その日を開けるために前倒しで仕事したり徹夜したり…

ということはあるかもしれませんが、

誰かに迷惑をかけることはないので気が楽です。

主婦が個人事業主になってみたメリットとデメリットまとめ

ということで、個人事業主になるには

デメリットもメリットもたくさんあります。

 

でも、わたしは今個人事業主になってよかったな…と思ってます。

(稼ぎが復活してこないとまたパートに逆戻りですが…)

 

やっぱり子供が小さいうちの行事には参加したい。

どんどん成長していく過程をもっとゆっくり眺めていたい。

 

そんな主婦が、パートと育児と家事に追われて

子供との時間があまりない…という状況は良くないと思います。

(子供が2歳ぐらいまではうちもそうでしたが辛かった…)

 

個人事業主というと、まだ普通の主婦だったころのわたしからしたら

「えっ!?なんかすごい!?」って思うかもですが

実際になってみたら、別に私の中ではなんら変わりはないんですよね。

 

思ってたよりも簡単だし、思ってたよりも特別じゃない。

帳簿をつけなきゃいけないとか面倒なことが増える。

それが個人事業主w

 

でも、気合は入りましたーヽ(^o^)丿

adlife
このブログを書いている人@おかめ

6歳と0歳の子供を育てながらネット収入で暮らしていた田舎の主婦です。

結婚したころはスーパーでバイトをしていましたが、「子供ともっとゆっくり接する時間が欲しい…家で稼げる方法を見つけたい!」と一念発起して、今までアドセンスで500万・ASPやブログ売却でもう500万、合計一千万円を稼いできました。
飽きっぽくて、辛いこと・つまらないこと・興味がないことから逃げ続けてきた人生…

今は辛い作業も嫌になってしまったので、楽しく書いて稼げるブログでまったりやってます。
→★おかめの詳しいプロフィールはこちら
Googleアップデートに強いブログ
ホビリエイト2.0 レビュー
230万円で売れたブログの作り方が学べます

・ブログを書くのが超楽しい!!
・Googleアップデートでも影響なし
・そんなに更新しなくてもアクセスを維持
・濃い読者が集まる
・アドセンスだけじゃなくASPからも売上発生
・高値で売れやすい

そんな資産ブログを作りたい方は今すぐチェック!

※おかめの限定購入特典付!

→購入特典付きホビリエイトレビューを見る
窮地をしのぐための秘密兵器
アンリミテッドアフィリエイトネオ 2019
★月100万円越えをめざすなら
→アンリミテッドアフィリエイトNEOって2020年でも通用するの?
業界で最高峰と言われている「アンリミテッドアフィリエイトネオ」は、本当に稼げるのか。「稼げるようになってから買ってみた」わたしがレビューします。
長谷川式!サイト売却マスターコンテンツ
★初めてのサイト売却ならコレ一択
→長谷川式!サイト売却マスターコンテンツ おかめの限定特典付レビュー!

おかめが何も知らない初めてのまっさらな状態で、「ブログを230万円で売却」できたのはこのコンテンツのおかげです。「ブログ売却なんて難しそう…」「わたしには無理…」と思っていたけど、実際に現金化することができて数か月分の生活費をGETすることができました。
★おかめの限定特典付き
タイトルとURLをコピーしました